診療内容

当院は、一般内科をはじめ消化器科、神経科、脳神経外科のそれぞれ専門医が診察にあたっています。患者さんに診察内容をわかりやすく説明すること、一人一人にあった医療を提供するよう心掛けています。

・頭痛がする
・頭を打った (交通事故や転倒、転落、けんかなど)
・擦り傷、切り傷などの処置 (縫合処置)
・時々ひどいめまいに襲われる
・立ちくらみがひどい
・目の奥が痛い
・物忘れがひどい
・手足がしびれる
・時々手足が麻痺する
・顔面けいれん

このような症状がありましたら、お早めにご来院ください。 症状が軽いからといってご自分での病状の判断は大変危険です。お一人で悩まず、どんな些細なことでもまずはご相談ください。軽い風邪から様々な疾患の予防も行っています。

検査内容

◎ 高性能CT検査(16列)
◎ 胃透視レントゲン・胃内視鏡検査
◎ レントゲン検査
◎ 頸部血管超音波検査
◎ 腹部超音波検査
◎ 心臓超音波検査

※現在、精神神経科の外来初診の診察は中断しています。

高性能CT検査(16列)

多数の臓器の詳細を瞬時に画像化。無痛で詳細な検査が可能になりました。
脳、頚部、肺、肝臓、胆嚢、膵臓、腎、結腸、前立腺、直腸、大動脈をCTスキャンで検査できます。胃・大腸仮想内視鏡検査や造影剤を用いれば脳血管動脈瘤の検査も可能です。

X線TV

X線TVとは写真とは違い人体を透視しながら検査を行う装置で、様々な検査に利用され胃腸、消化器官や骨折の整復の為に透視を行うことで知られています。X線TVはリアルタイムで観察部位をモニターに映し出すことができるため、観察をしながら向きを変えたり、最も見やすい状態にして撮影することができます。

上部消化管内視鏡

消化器内視鏡指導医・専門医である院長が苦痛を与えずに平均3~5分で検査を行います。眠ってしまうような鎮静薬を使いませんが、神経質にならずリラックスして検査を受けていただけるように努めています。